メインコンテンツセクションにスキップ
台湾の穀庫・農業大県
台湾の穀庫・農業大県

彰化県は台湾中部に位置し、南北の長さと東西の広さが共に40㎞の二等辺三角形のような形をしています。県の総面積は1074.3960平方㎞で、面積は台湾最小でありながら、「台湾の穀庫・農業大県」として名高い豊かな土地です。

県内の地形は大きく平原と大地の2つに分けられ、土地が肥沃で産物が豊かな彰化平原は県総面積の87.68%を占め、台湾西部における重要な平原となっています。もう一つの地形は八卦台地で、彰化県東部に位置し、県内の海抜最高地点である横山はこの地域にあります。彰化県は四方を山と川と海に囲まれており、南北は濁水渓と大肚渓、東西は八卦山脈と台湾海峡に面しています。

彰化県は台湾中部に位置

現在2市6鎮18郷が彰化県の管轄となっており、県の総面積は1074平方㎞、人口は約128万人です。1946年に台中州が改編されて台中県政府と彰化市政府が設立され、1950年に彰化県政府が設立されて、彰化市と員林巿の2つの市および24の郷と鎮(鹿港鎮・和美鎮・北斗鎮・渓湖鎮・田中鎮・二林鎮・線西郷・伸港郷・福興郷・秀水郷・花壇郷・芬園郷・大村郷・埔塩郷・埔心郷・永靖郷・社頭郷・二水郷・田尾郷・埤頭郷・芳苑郷・大城郷・竹塘郷・渓州郷)がその管轄となりました。

回頂端