メインコンテンツセクションにスキップ
  •  訪問者数:10417   おすすめ者数:1482   

扇形車庫
彰化の扇形車庫
扇形車庫は彰化市彰美路の側にあり、現在台湾で唯一の機関車の車庫です。蒸気機関車(機関車の頭だけ)が昔を懐かしむ旅をした後、彰化の扇形車庫に入りました。扇形車庫は歴史的、文化的な価値が高いと認められています。
機関車の旅館
台鉄の彰化機関車の車庫が民国11年(1922年)に建てられ、軌道が車庫から展開し扇子のように似ているから「扇形車庫」とも呼ばれます。機関車が長時間を掛けて走った後、車庫に入り休憩したり保養したりします。そのため、扇形車庫は「機関車の旅館」という名称を言われます。

子供の一番お好きなロボット
正門に入ると台鉄乗務員が廃棄した鉄で製造した2つの特殊なロボットが見えます。多くの子供が扇形車庫を見る前に、ロボットを見付けると目を凝らしてじっと目詰めます。

転造盤が機関車の頭を動かす
彰化の機務段に入ると乗務員が忙しく機関車を保養したり修理したりすることが見えます。例えば、転造盤により扇形の軌道が動くにつれて機関車の頭が移動し車庫に入ったり出たりすることが出来ます。電気機関車と蒸気機関車が車庫に並んでいます。 魅力いっぱい 扇形車庫-3
転車台で機関車が移動 彰化機関区に入るとメンテナンス作業員が忙しそうに機関車のメンテナンスを行っている様子が見られます。扇形のレールを転車台で移動させると、機関車が回転して車庫を出入りし、電気機関車と蒸気機関車が車庫に並んでいます。
美しい 扇形車庫-4
蒸気機関車が乗客を乗せる最後の旅を終えた後、彰化扇形車庫に入ることで、この扇形車庫はより歴史的、文化的保存価値のある場所となるのです。
絵画的な綺麗 扇形車庫-1
機関車の旅館 台鉄彰化機関区動力車庫は民国11年(西暦1922年)に建設され、レールが車庫から扇形のように広がっていることから、別名「扇形車庫」と呼ばれています。また、機関車が長時間走り、その後車庫に入って休み、メンテナンスを行うことから、扇形車庫は「機関車の旅館」とも呼ばれています。
綺麗 扇形車庫-2
子供に大人気-ロボット 正門に入ると、台鉄職員が鉄くずを利用して作った2体のロボットが現れます。沢山の子供たちが扇形車庫を見学する前に、変わった姿のロボットをじっくり見ています。 入場料:無料 ガイドサービス:ガイドサービスは事前の予約が必要です。 扇形車庫のご案内: 管理機関:交通部台湾鉄路管理局彰化機関区。 連絡先所在地:彰化市彰美路一段1号。 電話:04-7624438。 FAX:04-7624438(電話とFAXの番号を共用しているため、FAXを送信する前にお電話にてご連絡ください)
  • カテゴリー:

    鉄道レトロ,ファミリー

  • 住所:

    彰化県彰化市彰美路一段1号

  • 電話番号:

    886-4-7624438

  • ファクシミリ番号:

    886-4-7624438

  • 開放時間:

    104年1月14日スタート開放時間及導覽協說
    一、週一休館(除週一外上班日:13:00-16:00。例假日:10:00-16:00)
    二、導覽解說:
    1、限10人以上(含10人)團體申請導覽,未達10人之團體自由參觀,無需申請。
    2、請參訪日期14天前填妥申請表,ファクシミリ或郵寄申請表に彰化機務段。
    3、週二に週五提供申請導覽服務,預約時段14:30,遇國定假日,不提供導覽服務,約30分鐘。

  • アクセス: 北上するには 南下するには
  • ウェブサイト:

    扇形車庫網址

回頂端