メインコンテンツセクションにスキップ
  •  訪問者数:6143   おすすめ者数:1130   

鹿港天后宮
鹿港天后宮は明末清初に建てられた建築物で、海の守護神である媽祖が祀られている。雍正3年(1725)、清朝官員だった施世榜氏によって土地を提供されたため、現在の場所に移された。

鹿港天后宮は同治13年(1874)と昭和11年(1936)に改装され、そして、昭和11年に建て直された後、その規模や建物の造りが現在のようになった。1985年には第三級県の重要文化財になり、1992年に媽祖文物館が設立された。

天后宮の中に清朝の皇帝・雍正から贈られた「神昭海表」、乾隆から贈られた「神昭海表」、光緒から贈られた「與天同功」、また、福建巡撫王紹蘭氏、鹿港同知王蘭佩氏、孫壽銘氏、福建陸路提督許文謨氏などの清朝歴代の皇帝や有名な人物から贈られた横額が貴重な文化資産となって保存されている。

建物の造りは「三進両院」という形で、前殿(三川殿)、正殿と後殿がある。三川殿は五開という造りである。また、門扉(もんぴ)は八卦門や正門の空間にまで広がり、「凹」の形で三川殿の空間を作っている。三川殿の石彫りと木彫りは素晴らしく、台湾で名作だと言われている。天后宮には石窓の透かし彫り、竜虎の石彫など、丁寧な色彩と木の彫刻がある。ゆっくりとご鑑賞していただきたい。 絵画的な綺麗 鹿港天后宮-2
鹿港天后宮湄洲媽祖は、霊験あらたかで、参拝客が多いだけでなく、長い歴史を持つ広大な規模の廟としても大変有名です。特に建築構造が美しく立派で、古色蒼然とし、彫り物や彩色を施した天井は大変独創的です。彩色や木石彫刻はいずれも極めて精密で凝っており、芸術の殿堂とも呼ばれています。
綺麗 鹿港天后宮-3
毎年旧暦の1月から3月の間が参拝のピークで、沢山の人がひしめき合います。
絵画的な綺麗 鹿港天后宮-1