メインコンテンツセクションにスキップ
  •  訪問者数:3290   おすすめ者数:0   

半辺井
瑤(ヨウ)林(リン)街(ガイ)内の王氏のお宅にある「半辺井」、実は完全な一つの井戸の形をしていた。昔は、各家々で井戸を掘ることができるわけではなかった。この井戸の主人は井戸を塀側に設置して、半分は隣近所が使い、半分は自分が使うために造った。これは、「敦親睦隣(One for all, All for one.)」という伝統的な美徳の精神だった。

王氏の家の門の上方にある横木には「三槐挺秀」と書かれている。それは、宋朝時代の監察御史を担当していた王佑氏という人が庭に三つの槐を植え、後代の子孫が三公や宰相の官職になることを願ったためだと言われている。そして、実際に王佑氏の次男である王旦が宋朝の真宗時代に宰相を担当することになった。このことから、王佑氏の子孫が「三槐堂」を屋号にした。

昔は、鹿港の横町に多くの「公井戸」が設置され住民に使われていた。民国50年代(1960~1969)、政府は水道の設置を推し進めるために「公井戸」の使用を禁止し、その後「公井戸」を封鎖した。現在では、城隍廟前飫鬼埕と宮後臨水夫人廟の前に「公井戸」の遺跡は昔のまま保存されているが、井戸の水は涸れてしまった。 著名な 半辺井-1
このことから、王佑氏の子孫が「三槐堂」を屋号にした。
素晴らしい 半辺井-2
昔は、鹿港の横町に多くの「公井戸」が設置され住民に使われていた。民国50年代(1960~1969)、政府は水道の設置を推し進めるために「公井戸」の使用を禁止し、その後「公井戸」を封鎖した。現在では、城隍廟前飫鬼埕と宮後臨水夫人廟の前に「公井戸」の遺跡は昔のまま保存されているが、井戸の水は涸れてしまった。
  • カテゴリー:

    老街めぐり

  • 住所:

    彰化県鹿港町瑤林街12号

  • 電話番号:

    886-4-7772006

  • 開放時間:

    問い合わせてください

  • 交通情報: 北上するには 南下するには