彰化縣政府旅遊資訊網

:::
  • 認識彰化
  • 主題遊程
  • 節慶活動
  • 景點玩透透
  • 住宿指南
  • 餐飲特產
  • 旅遊服務
:::
   

彰化概要

彰化概要

ケ・ニェコュキエコケマ、'

彰化県は台湾中部にあり、西に台湾海峽に面し,東に平かな八卦山脈を南投と隣接、北に大肚溪を台中と連接、南は濁水溪を雲林県と隔て、広い幅の地形が平坦で嘉南平原の一部に属しています。土地が肥え、物産が豊富で古くから"台湾の穀倉"と呼ばれています。 面積1074平方メートル、人口131万です。

彰化は半線という旧称があり、台湾でより早く開発された地域です。清王朝に、鹿港が飛躍的な速度で中部地域の中に一番発展力がある町になり、その時、人々に"一府、二鹿、三艋岬"と誇られたの

で、当時の繁栄的な状態がよく分かりました。なお、貿易の繁栄も文化芸術の興行にも人口の増加にも大きな影響を与えたため、彰化は中部地域の政治中心とした重要な地位で清雍正元年に県を設けられました。

彰化県内に観光客の注目を集めるのは八卦山脈にある静かで明るい山林風景、平原が広がっている田園風景、人々に魅力させる西浜海岸線及び生態資源、豊富で色々な人物、歴史、多様な農産品等で巧みな旅行の雰囲気が漂っています。

彰化の観光資源が豊富で多様です。現在よく知られている八卦山脈は観光旅行の新しい選択になり、登山、ハーキング、サイクルスポーツ又は生態向けの旅行はとても面白いです。その他、卦山-仏参、鷹鑑賞、森林浴;田尾道路花園-花畑遊び、ハーブ料理、花芸世界DIY;二水-鉄道、サイクルの旅、老樹を訪れ、集集支線トロッコに乗り;王功-牡蠣採り、蝦採り、夕暮れを見;福宝湿地-水鳥鑑賞、漂流光座標を訪れ、初ミルクを飲み;渓湖-砂糖工場五分トロッコに乗り、氷物を食べ;鹿港-工芸職人をを訪れ、古跡保護地を巡り等があり、様々な遊び方で彰化の旅をします。

彰化彰化はグルメが楽しめる楽園でここにきたら絶対に美食を間違いません。各地で彰化の肉団子、北斗の肉団子、渓湖の羊肉鍋、員林の蜜餞、鹿港の牡蠣炒め、古風味のお菓子、王功の牡蠣揚げ、田尾のハーブ料理等の有名なグルメの全ては美味しく何度も食べてほしいです。

彰化は台湾の穀倉、農業中心として現代人がリフレッシュ向け旅行の要望に合わせ、元の農園を観光果物園に改良、例えば、員林のスターフルーツ園、芬園のレイチ園、大村、渓湖のブドウ園、

社頭の芭樂和大城の大きな西瓜等が優れた農産品として全台湾に売られています。 また、行かねばならない遊楽農場は様々な田園風景と農家生活を体験できます。

彰化は福建省、広東省二つの省からの移民のため、違う民情風俗が現れているとともに古跡も豊富で多彩な面貌があります。例えば、彰化の地理象徴とも言われている八卦山大仏、今残っている三大書院-道東書院、文開書院と興賢書院、昔に辜顯榮旧宅であった民俗文物館、また、一時栄えた余三館、益源大厝等の富豪宅院、"台湾の紫禁城"という美称の龍山寺、湄洲開基媽祖を祀る天后宮、昔に"三巖二寺"と言われた宝藏寺、清水巖、虎山巖、全台湾に唯一に線香で参拝に行くことがある土地公廟--員林錫慶祠等は観光客に歴史の雰囲気を味わう価値があります。

奇麗な山林、海、平野とか素朴な人文風景とか、彰化の美しさと言えば、本当にここに来ると分かります。