メインコンテンツセクションにスキップ
鹿港文武廟
文開書院とは、武廟、文祠、文開書院の三つの建物をあわせたものを指し、鹿港の重要旧跡の一つである。道光4年(1824)に、鹿港の海岸防備同知鄧伝安氏が書院を建てるという提案をすると、八郊の多くの商人がそれに賛同して募金を集めた。そして、道光7年(1827)に書院が完成した。「文開書院」という名は、明末の文人である沈光文氏を記念するために、彼の名前の「文開」を取って名付けられた。

マウスのドラッグやホイールのスクロールで景色を動かすことができます

1